キンドル電子書籍の漫画好きのための個人出版猫漫画ブログ ストライダーワールド

(^Å^)PJ ストライダーです。素人が猫漫画を電子書籍キンドルで個人出版しました。電子書籍kindle、アマゾンで自費出版、個人出版するとどうなる?

P.J ストライダーです。猫漫画!かわいいけど食物連鎖にゾンビ!そんなおすすめネコ祭りです。
電子書籍KDPキンドル、アマゾンで自費出版、個人出版、web漫画、ラノベマンガ。
ターマ&ビッケのストーリー作品紹介ページ
ストライダー道場(YouTubeのページですクリスタ関係もやっています)
猫Line、猫ツイッターアイコン(新しくなりました)
電子書籍はスマホで読めます(説明)
web漫画 STAR DESTINY スターデスティニー
PC/スマートフォン http://tarma.blog.jp/

スポンサーリンク

パソコン未経験者のPC、液晶ペンタブ、クリップスタジオの選び方。

パソコン未経験者のPC、液晶ペンタブクリップスタジオの選び方。


周りにPC詳しい人がいないと何もわかりませんよね。
自分は一人でやったので何をするにも大変でした。


パソコン初心者でこれからデジタルでイラストや漫画描きたい人に
自分がどんな道具を揃えて買ったかや、選び方を書きたいと思います。

 

パソコン選び


イラスト描くならとにかくデスクトップを選びましょう。
ノートPCはディスプレイが壊れたら対処出来なくなりますし、
後からスペック、容量を足したりできないのでデスクトップ型一択です。
ディスプレイが壊れたら買いなおせば済みます。


家電量販店に行くと、今はデスクトップ一体型がずらっと並べてあります。
PC初心者だとデスクトップに見えますが、
これに騙されちゃいけません。
あれはノートパソコンと同じだと思っていいです。
画面とスペック問題、後々のことを考えるとやめた方がいいです。


見分け方はですね。
デスクトップ一体型はディスプレイとキーボードのシンプルなやつです。


縦に立ったデカい箱見たことありますよね?
あれが付いてるやつがデスクトップPCです。
デカい箱や!デカい箱買ってくるんや!


スペックはケチってはいけません。
初心者だからこそここを安くしてしまうと
後でまたわからないことを一日かけて調べたり苦しむことになります。


後々何が必要になるかわからないですし、
それを追加するときもネットで調べることになります。
検索しても専門用語で答えてあるので、またその専門用語を理解するために
時間を使うことになります。


漫画やイラストを描きたいのに、一日かけてパソコンのこと調べるようなことになってしまうのは本末転倒ですよね。


PC上級者のように組み立てて済まそうと考えるのも時間の無駄だと思います。
理想としては安く良い組み合わせをしたい!

それはとてもわかりますが、
パソコン本体はメーカー品を買って
ディスプレイだけを台湾などの安いメーカーで済ませた方がいいです。


セット販売のメーカー品は高いですが、
最悪わからないことはサポートで教えてもらえますし、
高い買い物なので保証期間なども心配する必要がありません。

ただし、海外メーカーのパソコンを買うと

サポートセンターが片言の日本語だったりと問題があるそうなので

よく考えましょうね。

 

富士通のネット販売デスクトップPCが

ネット販売特化で種類が少なく迷わなくていいのと、

好きな組み合わせを選択していくだけなのでわかりやすいのでオススメです。

二種類で迷ったら、性能の良い方を買えば後々楽だと思います。

ディスプレイは外してアマゾンで購入すれば安く済みますよ。

 

 

漫画を描く道具を揃える間に、
将棋の羽生善治さんの本を読んで
「単純に行け」という考え方を学びました。


「キスで行け」
Keep it simple, stupidの頭文字です。
アメリカの大学で指導している日本人の先生が教えてくれたそうです。


「キス・アプローチで行け」
軍隊用語で「もっと簡単にやれ、バカモン」
そんな感じの言葉だそうです。


固定観念、世間のやり方、いきさつにとらわれず、
ごちゃごちゃ考えないで
物事を簡単に、単純に解けという、
「物事を推し進める」ときの合言葉
進むことで可能性が広がります。

 

初心者だからこそ
単純に必要なものを揃えましょう。


メーカー品はいろいろ選択できるパターンがあるので
HDDなどはノーマルより一つ上の大きな容量などを選びましょう。


・CPUとは
パソコンの能力

・メモリとは
画材を置く場所

・HDDとは
作品をしまう場所


だいたいこんな説明をしてますよね。
今のパソコンならクリップスタジオは動きます。
ですが、万が一描いてる途中に重くなったりフリーズしないためにも、
ケチらず一つ上の容量にしましょう。


ディスプレイ無しで10万円辺りは考えておいてください。
結局、後から追加すると同じような値段になります。


※間違ってもテレビショッピングの安いパソコンを買わないようにしましょう。
安いと言うことはそれだけ能力が低いということです。

 

液晶ペンタブレット

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K0


ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K0
これを使ってます。
10万円がアマゾンで85000円辺りを行ったり来たりしてますね。
大きさはキーボード二枚分くらいです。
2リットルのペットボトル2本分より大きいです。


よく勘違いしている人がいますが、

ワコム液晶ペンタブレットだけではただの高級な板です。
「なにもできません」
落書きして遊ぶこともできません。
タブレット端末じゃないですよ!全くの別物です。
Wi-Fi繋いだり、ゲームしたりもできませんよ。

パソコン必須です!

パソコンを買ってから、購入するのが液晶ペンタブです。

 

絵を描くためには
パソコンとイラストを描くソフト(無料ソフトなど)が必要です。


一番小さな液タブ13HDでも場所を取ります。
自分は立てずに寝かせたまま描いているので、
パソコンと合わせるとテーブルからはみ出してしまいます。
少し斜めにして描いてますよ。

※立てるスタンドは付属されています。3段階で設定できてなかなか快適です。

 


ペンタブを買って、
ディスプレイ画面を見ながら描くことに慣れる時間がもったいないので、
液晶ペンタブを最初から買った方が良いです。
顔をノートに近づけて描く人は特に13HDサイズをオススメします。


直観的に描けるのはやはり大きいですよ。
高い買い物なので購入することが覚悟にもなります。
描くことから逃げられなくなるのでサボれなくなりますよね。
趣味でも投資と考えれば前向きに考えられるんじゃないでしょうか。

 

毎日30分以上ノートに絵を描くような習慣がある人なら迷う必要はないと思います。

 

イラストがうまくても、

ツルツルすべる摩擦のないペンタブレットに慣れるのは結構時間がかかります。

一日、二日じゃ思い通りになりません。

 

それに色を塗るにしても、

どの道具がどんな使い方でどのように見えるのかなど、

あなたの費やすべき時間は悩むことではないはずです。

 

自分はかなり苦労しました。

シャーペンポキポキ折れる筆圧なので、今もなかなか慣れません。

 


パソコン、液晶ペンタブ、イラストソフトの投資額
これらをイラストを描いて利益にして取り戻す。
それを最初の目標にしましょう。
大変ですが数値が出てるので目標になるはずです。


自分は13HDのサイズをかなり気に入っているので、
お金があっても次買うとき同じ大きさの13HDを買うと思いますよ。

液晶ペンタブ買ってよかったです。

悩む時間がなくなったし、

考えたものをすぐにノートに描くように直感的に描けて、

ちゃちゃっとネットに投稿もできます。

買って気づくのがやることが山ほどあるということでした。


漫画家を目指すならアナログを覚えるのもいいでしょうが、
ネットで一発!みたいな違ったアプローチで進むつもりの人も

迷わずに買ってとにかく一日でも早く慣れるべきです。

摩擦がないのが難しいんです…。


液晶保護フィルムもアマゾンで売ってます。
割引で2000円くらい
ペンタブのペン先は消耗品です。
斜めに削れていきますので、角度によって傷が入るのが当たり前です。

「必ず」セットで買いましょう。
ペンタブを開封するときにすぐに貼ってしまうのをおすすめします。
ノングレアというのは画面のギラつきを抑える機能です。

 

【ぴったり専用サイズ 目に優しい反射防止(ノングレア) 液晶保護フィルム】Wacom(ワコム) Cintiq 13HD DTK-1300/K0 [13.3インチワイド(1920x1080)]機種で使える目を保護、キズ防止、防塵、液晶保護フィルム(クリーニングクロス&ヘラ付)


保護フィルムはアマゾンで出品者しか販売してませんが、
Amazonから発送」がついた出品者から買えばペンタブと一緒にアマゾンから届きますよ。

 

イラストソフト

セルシス CLIP STUDIO PAINT EX

無料ソフトなどもありますが、
クリップスタジオを買ってさっさと慣れましょう。
かなり大変です。
難しいです。
わけわかりません。
イライラします。
パソコン初心者だときっと三倍苦労します。


が、クリスタはすべてを兼ね備えています。
知れば知るほど便利だとわかってきます。
サポートも返信メールがほんとに早いです。


いろいろ種類がありますが、
漫画描いて将来的にキンドルで出版を考えるなら
CLIP STUDIO PAINT EX
一択です。
学生は仕方ないですが買えるなら無理してでもEXをおすすめします。
ボタン一つでkindle用のファイルに変換できてすぐに出版できます。
後からアップデートで新機能が増えるのでもっと便利になると思います。
EXにある漫画のページ管理はやはり便利です。


CLIP STUDIO PAINT PROと2万円くらい違いますが、
その価格だけ今も将来的にも違うということです。
高い液タブ買う覚悟がある人は挑戦する意思があると思います。
RPGでいうとイラストソフト、液晶ペンタブは武器です。
最強装備でいきましょう。
後から慣れる時間がもったいないです。


繰り返しますがクリップスタジオの機能に慣れるのもホント大変です。
パソコン選び、タブレット選びの時間を
クリップスタジオの機能に慣れる時間に使ってほしいです。
それくらい苦労しました。
今も使いこなせていません。


クリップスタジオの記憶方式はログみたいなやつも記録されるみたいで膨らみます。
だからHDDは最初から大きくした方がいいです。
線の少ない漫画一話で平均200MBくらいです。
カラーイラストは少なく考えて30MBくらい?

 

PCにHDMIケーブルが一本(ディスプレイ用)しかさせなかったので
iBUFFALO AV変換アダプタ HDMIメス:DVIオス BSHD09DA

iBUFFALO AV変換アダプタ HDMIメス:DVIオス BSHD09DA

これも買いました。

DVIにHDMI挿せるようにしました。

これで液晶ペンタブ用のHDMIを確保です。

 

一式そろえると25万円前後と考えておくといいのではないかと思います。
20万円だとパソコンと液晶ペンタブレットで終わります。


ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K0
液晶保護フィルム
セルシス CLIP STUDIO PAINT EX
iBUFFALO AV変換アダプタ HDMIメス:DVIオス BSHD09DA
HDMIケーブル
BenQ 24型ワイドディスプレイ(5ms/フルHD/HDMI×1) GL2460HM
LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW
セキュリティーソフトが三ヶ月後くらいに無料期間が終わり必要になります。
音楽やラジオ、YouTubeを聞きながら作業するならステレオスピーカーあると便利です。
ディスプレイの上から音が出るので、スピーカーがないと音が散ります。


長々と描きましたが、
あなたが時間を使うのは
一日でも早く液晶ペンタブに慣れること
クリップスタジオを使いこなすこと
漫画、イラストを完成させること
これらであって、パソコンに詳しくなることではないはずです。

 

迷ったら「キスで行け」
わからなくても進まなくてはいけないなら単純に行きましょう。

 

 

 

※2015年11月18日動画作りました。

ブログの追記みたいな感じで喋ってます。マイク直挿しなので音が小さいです。

買ってよかった?大事なのは習慣と理由そんなお話しです。

 

※12月3日

動画長すぎるようなので頑張って短く撮り直しました。

 

液晶ペンタブレット購入を迷っている人に見て欲しい動画

 

youtu.be

 

 

 

 

 

tarma.hateblo.jp

 

 

 

tarma.hateblo.jp

 

 

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K0

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K0

 

 

 

BenQ 24型ワイドディスプレイ(5ms/フルHD/HDMI×1) GL2460HM

BenQ 24型ワイドディスプレイ(5ms/フルHD/HDMI×1) GL2460HM